HPを作って集客につなげてみよう!

お店屋さんへ

飲食店でできる情報発信方法として、

・SNSの活用方法

・ブログを使っての集客と情報発信

を紹介してきました。手軽に始められて、店の良さを知ってもらうためには是非活用してもらいたいです。

次のステップですが、HP(自社webサイト)まで作れればそれが長期的には1番だと思います。

結局のところ継続できなければ、あらゆるサービスに手を出すよりも、特定のSNSだけの方がマシです。

しかしながら、力を入れて取り組めるのだとすると、

・SNS
・HP(自社webサイト)

の組み合わせが最も情報発信する上で良いと思います。HPはブログを含めた情報発信ツールなので、ブログの上位互換というイメージです。

とはいえ、HPなんて難易度高すぎません?という方も多いでしょう。

今回は、簡単にHPが作成できるサービスをご紹介いたします。

注意点としては、無料版と有料版があるものが多く、SNSやブログサービスでは無料の利用でも良かったと思います。

しかし、HPの無料版はオススメできません。多くの無料版はHPの名前が下についてきます。私は小さい飲食店様へ向けての記事を書いていますが、やはり無料で作っていることが明らかなHPは信頼の面で不利かなと思います。

また、SEOといって詳しくはわからなくても大丈夫ですが、グーグルなどで検索をしたときに、上位で表示される強さが無料版だと弱いケースが多いです。

その他も理由がありますが、効果的に店を宣伝するためには、有料版のほうが有利であることは間違いないです。結局のところ、HPを作っても誰の目にも触れられなければ、内容がよくても意味がないのです。

さて、HP作成できるサービスをご紹介します。

1.Jindo

ジンドゥー

170万ユーザーが利用する最大級のホームページ作成サービスです。たった3つのステップで洗練されたホームページが作れます。

2.グーペ

グーペ

「最短1日で完成」、「更新の手間を軽減」、「セキュリティがしっかり」などがアピールポイントです。

3.とりあえずHP

無料で試せる、ホームページ作成なら【とりあえずHP】

ご利用人数18700人を突破(2020.05.11現在)、好みのデザインを選ぶ → 文字と写真を投稿する。の2ステップで完成。が謳い文句です。

4.WIX

リンクはこちら

はじめての方からWebデザイナーまで選べる3つの作成ツール。ホームページに必要なすべての機能がここに。と、いった具合に多機能性がアピールポイントです。

5.ペライチ

ペライチのリンクはこちら

ペライチも上記のサービス同様、簡単な操作でHP作成が可能。メンタリストのDaiGoさんもオフィシャルサイトで利用しているそうですよ。

5種類を紹介しましたが、どれも簡単な操作で作成が可能です。その為、選択する条件は以下で大丈夫だと思います。

・必要な機能が揃っているか(EC機能が欲しいけど付いているかなど)
・予算内に収まるか
・サポートが充実しているか

また、物販の販売に向いたwebサイト作成サービスもあります

ECサイト作成のためのサービスですね。

1.BASE

無料ショップ開設なら【BASE】

90万ショップも開設されているそうです(すごい!)。物販に向いたサービスなのでそれ用の機能も充実していて、予約販売、クーポン、セールなど本格的なネット販売ができます。

2.イージーマイショップ

無料で本格派ネットショップ開業できる【イージーマイショップ】

3.STORES

STORES

こちらも、ネット販売に向いたサービスなので、とても高機能です。

ECサイトの選択条件としては、

・サイト作成、運営のコスト
・販売にかかるコスト
・サポートが充実しているか

を検討した上で決めましょう。

今回紹介をしたのは、自分でHP作成サービスを使ってHPを作る内容でした。まずは無料期間内で試してみる、無料サービスの範囲内で試してみるのもよいかと思います。

しかし、ビジネス利用の場合には悠長にやっている場合ではないケースも多いです。

SNSやHPはフォロワーや閲覧数を伸ばすには半年~1年と、根気よく続けていく必要があります。無料の範囲内でやって、結果が見え始めたら有料版へグレードアップして、などと言っていては、結局コストがかさんでいく結果になります。

そのことも含めてサービスの選定や、スケジュールを決めていきましょう。

いろいろ説明をしましたが、難しい、時間がない人が多くいることと思います。

1番オススメのワードプレスを使ってのHP作成は次のリンクから

はじめての方でも、そのままやればワードプレスでwebサイトが作成できる方法を徹底解説

自分でHPを作るのではなく、作ってもらう方法は

こちらのリンクから

コメント

タイトルとURLをコピーしました